恐るべき株!「仕手株」情報

新明和工業の株購入時には仕手株や原価償却を理解する

新明和工業に投資をしようと思えば、ただ株を購入すればいいだけですからそれだけに金額があれば投資自体は難しいものではありません。
新明和工業は1000円を上抜けして、1000円から1500円のレンジに入っているので150万円程度の資金があれば、投資をすることができます。
しかし、よく分からずに新明和工業なら安心と思って投資をした場合、不測の事態が起こった場合に適切な判断を下すことが出来なかったりするので、株に関することはできるだけ覚えておくことが大切です。

例えば、減価償却という言葉はよく聞くものですが中にはこれを原価償却だと間違って、覚えている人などもいます。
言葉の意味を理解していれば、減価償却でも原価償却でも大きな影響が出ることにはなりませんが、言葉の意味を覚える上で原価償却だと思い込んでしまっていると、混乱してしまうことがあるのでこのような字の違いに気づかないということは避けるようにしておくことが大切です。

次に仕手株というものがあり、新明和工業であれば150万円ほどの資金が必要ですが、仕手株になるような銘柄というのは1単元が数万円から購入することができるものも多く、派手に値上がりもすることから初心者は仕手株を選んでしまいがちなのですが、仕手株というのは人為的に株価を操縦して利益を目論むグループが操縦対象に選ぶ株でありこのような株は業績的にも低迷しているものが多く、株としての価値がほとんどないものとなっています。
そのような株を手頃な金額で買えるから、上がっているからという理由だけで飛びついてしまうと価値の無い株を高値で掴まされてしまって大きな損失だけを出してしまうことになるので、仕手株がどのようなものかを覚えておく必要があるのです。